宝石を高価で買取してもらうためのポイント

時間が経つにつれて劣化し、価値が下がっていくバッグなどの小物や衣料品と異なり、宝石類は時間の経過による価値の下落はありません。もちろん、宝石類にはそれぞれ相場があり、市場の需要と供給によって価格は変動するのですが、右肩下がりで価値が落ちていくということはないのです。

ゆえにこの宝石類の装飾品に関しては、中古品の流通量が非常に多く、買い取りも盛んに行われています。多くの業者が店頭持ち込みはもちろん、出張買い取り査定などのサービスを行っています。しかし、中には売る側の知識の乏しさにつけこみ不当に査定額を低く見積もるもの、鑑定力の低さからその価値を見落としてしまうものもあります。メインのダイヤを偽物と鑑定され、地金の金だけの値段で査定されてしまっていた、などというケースもあります。宝石類は非常に高価なものですから、買い取りをしてもらうにも、きちんとした業者選びが大切です。

良い買取業者を選ぶポイントは、まずちゃんとした鑑定士がいるかどうかです。実は鑑定士がひとりもいないという業者がけっこう存在します。もちろん長年の経験で業務を行っているところもあるのでしょうが、やはり正規の資格をもった人に鑑定してもらいたいものです。

次のポイントは専門の業者かどうかということです。宝石類の買い取りを行う業者にはそれぞれ得意分野があり、特定の宝石を専門に扱っている業者も存在します。真珠やルビー、ダイヤ、サファイア、エメラルドなどのひとつ、または複数を専門に取り扱う業者は、その宝石に対する鑑定力も高く、さらに良い流通ルートを持っているため、高価買い取りをしてくれやすいのです。またその流通網の広さから、他所では買い取ってもらえないものも買い取りが可能である場合があります。よって、宝石を持ち込むのであれば、できるだけ専門の業者を選ぶのも、高価買い取りをしてもらう上でのポイントになります。

また、これは業者の良し悪しとは少し違ってくるのですが、買い取りに関しては東京、大阪、京都などの大都市に拠点を構える業者で売却したほうが、高く買い取ってもらえることが多いです。宝石類の価格は需要に左右されるということを上で述べましたが、やはり大都市圏ではその需要が高く、業者が必要としている宝石類の量も多いです。また、流通ルートの中枢でもあるため、輸送コストも安くなり、より高価での買い取りが可能になります。よって、宝石類の買い取りをしてもらうならば、できれば大都市の業者を利用するほうが良いのです。